ラッセンの絵が欲しいのですが高くて買えません

ラッセンに限らず、絵はどんな接し方でも楽しむことはできるはずです。

どんな方法があるか、考えてみましょう。

◎ポスターやカレンダーを額装してもらう。

私はその昔、カトランの版画蒐集に熱中していた時期があります。

ところが当時すでにカトランの絵はラッセンの版画より高価で、40~50万円はしていました。

とても手にできる代物ではなかったのです。

他にも気に入った画家がいてコレクションしていましたので購入はできず、画廊に行ってはただ眺めるだけの日常でした。

そんなとき懇意にしている画廊のオーナーが、カトランのポスターやカレンダーを額装してくれると提案があり、軍資金のない私はおおいに助かったのを覚えています。

◎ラッセンの図録を購入する。

ポスターなどを額装してもらえば、2~3万円で済みます。

ほとんど額の費用です。

またそれ以外のラッセンの楽しみ方として、「ラッセンの図録を買う」というのもおすすめです。

図録とはラッセンのこれまでの絵を一冊の本(美術本)にまとめたもので、グラビア印刷です。

5万円程度はしますが、毎日、机の上で図録をめくり、たくさんの作品を眺めて過ごせるので、とても幸せな気分になれます。

◎高価な絵を購入するだけがラッセンの楽しみ方ではありません。

スマホに入れて、好きな時に眺めて過ごす方法もあります。

ラッセンは海や自然、動物を題材にした画家ですから、“持ち歩くラッセン”をテーマに、スマホに入れておくのも1つの方法です。

壁に飾るというだけが楽しみ方ではありません。

また高額な絵を購入しなければだめだというわけでもありません。

Comments are closed.